エックスサーバーの評判・評価

エックスサーバー

エックスサーバーの評判・評価をまとめました。

月額1000円と個人向けのレンタルサーバーとしては少し高く感じますが、この価格帯のレンタルサーバーの中では一番のコストパフォーマンスを誇ります。特にワードプレスを設置しようと考えているのなら最適のレンタルサーバーです。

料金・スペック

プラン名 月額料金 初期費用 容量 転送量/月 MySQL ドメイン
X10 1000円 3000円 200GB 2100GB 50個 無制限
X20 2000円 3000円 300GB 2700GB 70個 無制限
X30 3000円 3000円 400GB 3000GB 70個 無制限

エックスサーバーのスペックと価格を1つの表にまとめてみました。一番安いX10プランでもディスク容量は200GBもあるので、動画置き場として使うのでなければ使い切れないほどの容量です。

転送量は月2100GB、こちらもアクセス数が多くても十分耐えられる量です。設置できるMySQL数が50個、マルチドメイン数が無制限なので複数サイトの運営も可能です。

x10、x20、x30と3種類のプランがありますが、最初は一番安いx10プランで十分です。

サーバー移転の手間がかからず簡単にデーターを残したまま上位のプランにアップグレードできるのでx10プランで満足できなくなった場合でも大丈夫です。

価格・スペックについて
できるだけ最新のものを反映させてはいますが、念のため現在の正しい価格・スペックは公式サイトから確認するようにしてください。

機能・特徴

  • WordPress自動インストール
  • 独自SSL(無料)
  • FastCGI・キャッシュモジュール(サイト高速化機能)
  • 自動バックアップ
  • 電話/メールサポート
  • 独自ドメイン1つ無料
  • PHP7/PHP5/PHP4
  • SSH
  • F-Secure社アンチウィルス

WordPress関連

WordPress自動インストール機能があるのでワンクリックでWordPressをインストールできる上、FastCGI・キャッシュモジュールが使えるので重くなりがちなWordPressでもストレスなく使うことができます。

さくらサーバーやロリポップなどの格安サーバーの場合表示がもたつくことがありますが、エックスサーバーの場合はプラグインをインストールしたりしてわざわざサーバー負担対策をしない素の状態でもサイト接続速度は速いです。

ちなみに、速度が速いことはサイト訪問者をイライラさせないだけではなく検索順位(SEO)にも影響を与えます。

独自SSL

2016年の6月30日からサイトのSSL化がLet’s Encryptを用いてコントロールパネル上で無料で簡単にできるようになりました。2016年8月現在無料で独自SSLを導入できる共用サーバーはさくらレンタルサーバーやwpXなど限られたサーバーしか提供していないので、無料で独自SSLを導入したい方は限られたレンタルサーバーから選ぶことになります。

このLet’s Encryptを用いた独自SSLはビジネスには向いていません。ビジネス用途でレンタルサーバーを使うのであれば独自SSLが企業認証で使えるシックスコアのほうがおすすめです。

独自SSLがわからない方に簡単に説明すると通信を暗号化することによってサイトのセキュリティを向上させることができる仕組みです。URLがhttpsから始まるサイトがこれに該当します。SSL-Wikipedia

SSL化することによって検索エンジンからの評価が少し上がったり、サイトをハッキングされる可能性が低くなるので今からサイトを開設しようとしている方は独自SSLを導入することをお勧めします。

その他機能について
他にも様々な機能がありますが、多すぎて全てを書き出すと大変なことになるのですべての機能を確認したい方は公式サイトをご覧ください。

耐えられるアクセス数の目安は?

最大同時接続者数

レンタルサーバーが弱いのは急激なアクセス数の増加です。

普段はそこまでアクセス数がないサイトでも記事がバズってsnsで拡散されたり、ブログで扱った記事と同じ内容のものがtvで放送されると同時接続者数が急激に増加します。特にtvの方は同時接続者数が1000人を越えることもあります。

レンタルサーバーは1つのサーバーに複数のサイトが設置されているため、同時接続者数が増えると簡単にアクセス制限をかけられてしまいます。

エックスサーバーの場合はこの同時接続者数によるアクセス制限の基準がかなり緩く、一般的なWordPressのサイトの場合はキャッシュを有効にした場合2000人くらいまで耐えられると思ってください。3000人を越えるとサーバーがエラーを起こしてアクセス制限をかけられる可能性がでてきます。

最大月間PV数

ストレスなくサイトを運営できるPV数は月300万pvくらいまでですね。月額1000円のレンタルサーバーでありながらかなり大規模なサイトでも運営できます。

これ以上のアクセス数が見込まれるサイトの場合は共用サーバーでのサイト運営は厳しいです。技術がある方はvps、価格は高くなりますが技術・知識がなくても運用できる専用サーバーを検討してください。

(ちなみに私が同時接続者数3000人を越えたのはYahooのトップページに掲載される、いわゆるヤフー砲を受けたときです。普通にサイトを運営していて同時接続者数が3000人を超える機会はほぼないです)

どんなサイトに向いているのか

エックスサーバーに向いているサイトは、アクセス数の減少=収益の減少に繋がるアフィリエイトサイト(ブログ)、同時接続者数が増えやすいトレンドアフィリエイトを実践しているトレンドブログ、多くのpv数を稼ごうと考えているサイトです。

アクセス数が少ないうちはエックスサーバーではなくてもファイアバードなどの格安サーバーでも運営していけるでしょう。

しかし、将来的にアクセス数が増えた場合はサーバー移転に手間がかかる上、無駄な初期費用がかかるためためエックスサーバーを最初から契約してしまうことをおすすめします。

マシンのスペック

レンタルサーバー CPU クロック数 コア数/スレッド数 メモリ
エックスサーバー XeonE5-2430L 2.00GHz 6コア/12スレッド 24GB

エックスサーバーに使われているマシンの詳細情報です。使用されているマシンは全プラン同じものです。

共有サーバーでありながら大量のアクセスもさばけるのも納得できるハイスペックなマシンを使っています。1つのマシンにどれだけのサイトが設置されているのかは公表されていないため目安の1つとして考えてください。

サポート

SAYA072162920_TP_V

メールサポート・電話サポートどちらもあります。共用サーバーで電話サポートがあるところは少ないのですが、月額1000円で使えるレンタルサーバーでありながら電話サポートがあるのは特に初心者の方にとっては安心できます。

メールサポートも1日以内に返信が来る上かなり丁寧なので好印象です。

自分の場合、アクセスが集中しすぎてアクセス制限を食らいそうになった時もエックスサーバー側から連絡をしてくださりサーバー負担軽減化対策を教えてくださいました。

無料お試し期間

無料でサーバーを使うことができる無料お試し期間が10日間設定されていて、本契約に進む前に使い心地などを実際に使って体感することができます。

↓のリンクをクリックしてサイト右側にある「お申込み」ボタンから利用できます。継続利用したい場合はお金を払わないまま放置、継続利用したい場合は10日以内にお金を振り込んでください。

エックスサーバーの評判

総合評価

総合的に見て、私が一番おすすめしているレンタルサーバーです。他のサイトでもエックスサーバーがおすすめのレンタルサーバーとして紹介されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。それだけコストパフォーマンスが高いレンタルサーバーなんです。

ちなみにエックスサーバーはドメイン取得代行サービスとしてエックスドメインというサービスも提供しています。

他のドメイン取得代行サービスで有名なところはお名前com、ムームードメイン、バリュードメインなどがありますが、エックスドメイン以外でドメインを取得するとエックスサーバーにサイトを設置するのに少し手間がかかります。

特にこだわりがない方はエックスドメインでドメインも同時に取得してしまうと手間がかからず管理も楽なのでおすすめです。

他サーバーとの比較

同じ価格帯で迷う方が多いwpX、シックスコア、エックスツーとエックスサーバーを比較してみました。

比較対象は最安値のプラン、機能が優れている項目を太字にしています

エックスサーバーとwpX

エックスサーバー(S10) wpX
月額料金 1000円 1000円
初期費用 3000円 5000円
ディスク容量 200GB 100GB
MySQL 50個 10個
転送量/月 2100GB 1500GB
マルチドメイン 無制限 10個

wpXはWordPress専用のレンタルサーバーです。WordPress用にチューニングされているので速度はエックスサーバーよりも若干速いですが、マルチドメイン数が10個なので10個しかサイトを設置できないのがネックです。

またWordPress以外は使うことができないため、後から他の用途に使おう思った場合は他のサーバーを借りる必要があるので注意が必要です。

サイトの数は10個以内かつ絶対にWordPressしか使わない方はwpXもおすすめです。

wpxレンタルサーバーの評判・評価

2016.08.06

エックスサーバーとシックスコア

エックスサーバー(S10) シックスコア(S1)
初期費用 3000円 6000円
月額料金 1000円 1800円
ディスク容量 200GB 50GB
MySQL 50 5個
転送量/月 2100GB 2100GB
マルチドメイン 無制限 5個

シックスコアはビジネス用途に使うのに適したレンタルサーバーです。エックスサーバよりも価格は高いにも関わらずスペックは劣りますが、セキュリティ面の機能はシックスコアのほうが充実しています。

個人が使うのであれば訪問者の個人情報を扱わなければいけないような場合を除いて価格が安くスペックも高いのでエックスサーバーのほうがおすすめです。

シックスコアの評判・評価

2016.08.05

エックスサーバーとエックスツー

エックスサーバー(S10) エックスツー(スタンダード)
初期費用 3000円 6000円
月額料金 1000円 1800円
ディスク容量 200GB 100GB
MySQL 50個 無制限
転送量/月 2100GB 2100GB
マルチドメイン 無制限 無制限

エックスツーはかつてはエックスサーバーの上位版のレンタルサーバーでしたが、エックスサーバーのスペックが上がったので現在では価格が高いにもかかわらずそれほどスペックの差はなくなっています。

MySQL数はエックスツーのほうが上なのでWordPressのサイトを何100個も量産したいという方には適しているとも言えますが、逆に言えばそれ以外に高い料金を払って使う理由が見当たらないのでエックスサーバーのほうがおすすめです。