WordPress向けのレンタルサーバーを比較・レビュー

Wordpress

wordpress向けのレンタルサーバーを比較・レビューしました。

wordpressは人気のCMSで、wordpressの為にレンタルサーバーを借りようとされている方も多くいるのではないでしょうか。ちなみにこのサイトもwordpressでできています。

スペック比較

今回wordpress向けのおすすめレンタルサーバーとして紹介する3種類のレンタルサーバーのスペック比較表です。

サービス名 月額料金 初期費用 容量 転送量/月 MySQL ドメイン
エックスサーバー(X10) 1000円 3000円 200GB 2100GB 50個 無制限
エックスサーバー(X20) 2000円 3000円 300GB 2700GB 70個 無制限
エックスサーバー(X30) 3000円 3000円 400GB  3000GB 70個 無制限
wpX 1000円 5000円 100GB 1500GB 10個 10個
ファイアバード 500円 2000円 100GB 200GB 10個 無制限

この記事で重要視したのは以下の点です。

  • 値段・スペックのコストパフォーマンスが高いこと
  • サービスが長く続いている会社であること
  • ある程度のアクセスに重くならず耐えられること

零細企業のレンタルサーバーだと突然サービスが終了していまい、データがすべて消えてしう可能性が少なからずありますので、ある程度サービスが続いている会社をピックアップしました。

紹介するレンタルサーバーにはすべて無料のお試し期間があるので、試しに無料で借りてみて様子をみてから本契約に進むことをおすすめします。

 

WordPressおすすめ向けレンタルサーバーランキング

1位 wpX



 wpXはwordpress専用のレンタルサーバーですwordpress以外のサイトは運営することができません。
wordpress専用サーバーを謳っているだけあって、サイト接続速度は同価格帯の他社のレンタルサーバーに比べてダントツで速いです。ディスク容量100GB、転送量1500GBとスペックも十分でしょう。

ただ、自由度がめちゃくちゃ低く、wordpress以外のサイトも運営することができないので同じサーバーでwordpress以外のサイトを運営しようと考えている方はwpXは避けておきましょう。

複数サイトの運営もできるので、wordpressでしかサイトを作る気がない方には一番おススメできるサーバーです。

無料のお試し期間が2週間あるので、気になった方は下記のリンクからどうぞ。

関連リンク

2位 ファイアバード




ファイアバードは月額500円ほどで借りられる激安サーバーです。

激安と言ってもMySQLが10個まで設定できるので10個までサイトを運営できますし、転送量は300GB/月、ディスク容量も100GBと個人で小規模サイトを運営しようと考えている方なら十分なスペックでしょう。

同価格帯のロリポップと比べてサイト接続速度が速く、サーバーも安定しているので私はロリポップよりもファイアバードをおすすめします。

ファイアバードも無料お試し期間は2週間です。

関連リンク

 

3位 エックスサーバー




wordpressに限らずおすすめできるコストパフォーマンスが高いサーバーです。初期費用がwpXに比べて2000円安いのも地味にうれしいですね。

一番安いプランでディスク容量200GB、転送量2100GBとある程度の規模のサイトに成長してもサーバー移転する必要のないスペックです。

エックスサーバーの無料お試し期間も2週間です。

関連リンク