ファイアバードの評判・評価と他社との比較

ファイアバード

個人が運営する小~中規模サイトに最適なファイアバードの評判・評価と他社と比較したものをまとめた記事です。

ファイアバードのスペック・価格

サービス名 月額料金 初期費用 ディスク容量 転送量/月 MySQL ドメイン
ファイアバード 500円 2000円 100GB 300GB 10個 無制限

ファイアバードの価格とスペックをまとめてみました。

月額料金は500円と個人向けレンタルサーバーとしては安い部類に入ります。ディスク容量は100GBあり1記事に画像2~3枚のテキスト中心のサイトなら十分すぎる容量です。

転送量は月300GB(日10GB)、この価格帯のレンタルサーバーとしては十分な量ですが、ロリポップが転送量を大幅に改善(月3000GB)したため、相対的に少なめの転送量となっています。同価格帯で転送量がより多いサーバーを借りたい方はロリポップのほうがおすすめです。

MySQLは10個まで、つまりWordPressなら10サイトまで一つのサーバーで運営できます。マルチドメイン数は無制限なので、MySQLを必要としないサイトなら無制限にサイトを設置できます。

価格・スペックについて
できるだけ最新のものを反映させてはいますが、正確な価格・スペックはファイアバード公式サイトで確認するようにしてください。

機能

  • PHP7.0.x / 5.6.x / 5.5.x / 5.4.x / 5.3.3 / 5.1.6
  • WordPress簡単インストール
  • アクセス拒否
  • FTP over SSL
  • 共有SSL
  • F-secureアンチウイルス

基本的な機能は揃っています。格安サーバーなのでエックスサーバーのように無料で独自SSLが使えるわけではありませんが、お金を払えば共有SSLであれば使うことができます。

海外からのアクセスや特定のIPアドレスからのアクセスを拒否できたり、WordPressのログイン試行アクセスを制限してブルーフォースアタック(総当たり攻撃)対策ができます。

WordPressは人気のCMSなのでハッカーの標的になりやすく、格安サーバーとしては珍しくセキュリティ面が充実しているのはありがたいです。

ここでは主な機能しか紹介していないので、すべての機能は公式サイトで確認してください。

マシンスペック

ファイアバードのマシンスペックを調べてみました。基本的に、共用サーバーでは1サーバーの収容人数がわからないため、何とも言えないところですが指標の一つにしてください。

レンタルサーバー CPU クロック数 コア数/スレッド数 メモリ
ファイアバード Xeon L3426 1.87GHz 4コア/8スレッド 16GB

CPUはXeon L3426の1.87GHz、コア数は4コアスレッド数は8スレッドです。月額500円のサーバーの中ではかなりいいマシンを使っています。

メモリは16GBと同価格帯のバリューサーバー、ロリポップが10GBであることを考えるとかなり多いと言えるでしょう。

私の体感でもファイアバードはサイト接続速度が同価格帯の他のサイトと比べて速く感じました。

耐えられるアクセス数

これもサイトの種類によって変わってくるのでなんとも言えないのですが、1記事に画像2~4枚のテキスト中心の私のサイトの場合はファイアバードが耐えられる最大同時接続数は250~300人くらいでした。ロリポップよりも耐えられる同時接続者数は多い印象です。

個人が運営するサイトで常に同時接続者数が300人くらいというのはかなり大規模サイトでないとあり得ないです。

しかしTwitterやはてなブックマークなどで記事が拡散され、ソーシャルバズが起きると同時接続者数が300人を越えるというのは個人サイトでも十分にあり得えます。

また、TVで放映される内容を記事で扱った場合同時接続者数が1000人を超えることも珍しくないです。

PV数で言うと月10万PVまでを目安にしてください。マシンスペック自体は高いのですが、転送量の上限値が低めに設定されているため、これ以上のアクセス数になると制限をかけられる可能性が出てきます。

サーバー移転はかなりめんどくさいので、最終的にこれ以上の規模になるサイトを運営しようと考えているなら最初からエックスサーバーを契約してしまうのがおすすめです。

エックスサーバーの評判・評価

2016.08.18

サポート

サポートはメールのみです。月額料金が500円なので、電話サポートがないのは仕方ないですね。

また、ファイアバードにはQ&A掲示板というYahoo知恵袋のようなユーザー投稿型の質問サイトもあるので、何かわからないことがあったらそこで質問することも可能です。

無料お試し期間

無料お試し期間は2週間です。お試し期間終了後は無料で解約できます。

サーバーの使い心地などを試すためにも本契約の前には必ず申し込んでおきましょう。

↓のボタンをクリックすると無料お試し期間に申し込むことができます。

ファイアバードの評判

総合評価

できるだけサーバー費用は抑えたいが、サイト接続速度も大事にしたい方向けのサーバーだと言えます。転送量が多いサーバーが借りたい方はロリポップのほうが転送量が多いためロリポップをお勧めします。

PHPの処理速度が速いためWordPressでサイトを運営するのに向いています。静的なファイルを扱ったり、メール送信用のサーバーとして使いたい場合はさくらサーバーがおすすめです。WordPress自動インストール機能も付いているため初心者でも安心できます。

また、バズりやすい記事を書いてソーシャル経由のアクセスを集めるようなサイトや、TVで放映される内容をあらかじめ書いておくようなサイト(いわゆるトレンドブログ)の場合はファイアバードは厳しいです。

逆に、記事がバズりにくく、検索流入がメインのサイトの場合は月間10万PVくらいまでならファイアバードでも運営できます。

エックスサーバーの評判・評価

2016.08.18

トレンドアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバーを比較!

2015.12.10