このサイトについて

このサイトはレンタルサーバーを借りたいと思っている方向けのレンタルサーバー比較サイトです。

管理人が使ってきた中で便利だと思ったレンタルサーバーを中心にまとめてみました。レンタルサーバー探しのお手伝いができれば幸いです。

なお、アダルトサイト向けと記事中で言及していないレンタルサーバーはすべて非アダルトサイト専用のレンタルサーバーです。

使用用途別でレンタルサーバーを比較

自分の使用用途に合ったレンタルサーバーが選べるように目的別でおすすめのレンタルサーバーを比較してみました。

WordPressにおすすめのレンタルサーバーを比較

人気CMSのWordPressは重いのである程度のスペックがあり、PHPが使えるレンタルサーバーが必要になります。

特に管理画面は重くなりやすく、安すぎるレンタルサーバーを使っていると記事を書いていてイライラすることもあるので最低でもミニバードあたりのレンタルサーバーを契約しておくべきです。

結論から言うとWordPressを使うのにお勧めのレンタルサーバーはエックスサーバーです。プランは一番安いX10プランで問題ありません。

WordPressを使うレンタルサーバーにエックスサーバーがおすすめな理由はエックスサーバーの評判と評価を参考にしてください。

SIRIUSなどをHTMLで構成されたサイトを設置せず、WordPressでしかサイトを作らないという方であればWpxレンタルサーバーもおすすめ。こちらのレンタルサーバーはWordPressしか使えませんが、プラグインなどを導入しなくても最初からWordPress用にサーバーがチューニングされており、重くなりやすいWordPressでもサクサク使えます。

おすすめの格安サーバーを比較

できるだけ安くレンタルサーバーを使いたい!という方は格安サーバーを検討しているかと思います。最近では低価格でも高スペックなレンタルサーバーが登場しているので、月額500円以下でも快適に使うことができます。

格安サーバーの中で一番おすすめのレンタルサーバーはロリポップです。以前は転送量が少なく、サーバースペックもいまいちでしたがスタンダードプランで転送量が3000GB/月と大幅に改善されました。ロリポップの詳細情報はロリポップレンタルサーバーの評判と評価をご覧ください。

格安サーバーは他にもファイアバードやミニバードなどおすすめのものが他にもまだまだあります。それぞれに違った特徴を持っているので、格安サーバーについて詳しく知りたいという方は月額500円以下 おすすめの格安レンタルサーバーを徹底比較を参考にしてください。

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバーを比較

総合的に見て一番コストパフォーマンスが高いサーバーはワードプレスが使えるレンタルサーバーでも紹介したエックスサーバーでしょう。月額料金1000円で月の転送量が2100GB、マルチドメインが無制限とかなり贅沢な仕様のサーバーです。

ミニバードもコストパフォーマンスが高いレンタルサーバーです。転送量が少ないのでアクセス数が多いサイト(10万PV/月以上)、もしくは大規模サイトには向きませんが、小規模サイトであれば月額280円でそこそこのスペックのマシンを使うことができます。

レンタルサーバーの種類

上記で紹介したレンタルサーバーはすべて「共用サーバー」です。使用用途によっては共用サーバー以外のサーバーを使った方が良い場合もあるので、それぞれの特徴やメリット、デメリットを見ていきましょう。

共用サーバー

レンタルサーバーの中で最もポピュラーな形のものが共用サーバーになります。1つのサーバーに複数のサイトを設置するので価格が安いといったメリットがありますが、その分大量のアクセスがくるとホスティング業者からアクセス制限をかけられる可能性があります。

最近ではエックスサーバーのような大規模サイトでも運営できる(目安月300万PV)ような共用サーバーも登場しているので、初めてレンタルサーバーを借りる初心者はまずは共用サーバーから始めるのがおすすめです。

専用サーバー

1台のサーバーを1つのサイトで独占して運用できるのが専用サーバーです。レンタルサーバー会社によっては自分のサイト用にチューニングしてくれるところもあるので速度も速く安定していて大量のアクセスがあるサイトでも安心して運用できます。

価格は月数万円からと個人にはなかなか手を出しにくい料金になっています。

VPS

共用サーバーと専用サーバーの間に位置するのがVPSです。1台のサーバー上に何台もの仮想サーバーを起動できるので、専用サーバーとほぼ変わらない権限を使えるうえ価格も安く済みます。(月数千円)

VPSの場合は専用サーバーとは異なりホスティング業者がチューニングしてくれることはないので、自分で1からサイトをセッティングする必要があります。

専用サーバーよりも安く済み、共用サーバーより高いスペックのマシンを使えるのでサーバー運用技術のある方に好んで使われています。

注意してほしいこと

注意していただきたいのは、サーバー台をケチると最終的に高くつくことがあるということです。

安いサーバーだとアクセス数が増えるにつれサイトに接続できなることが多くなります。そうなるとサーバー移転をしなければならないのですが、慣れていないとかなりめんどくさい上に初期費用などの無駄な料金が発生します

実際、私も最初はロリポップのライトプランでサーバーを借りていたのですが、3か月経った当たりからいきなりアクセスが増え始め、サイトを移転する必要が出てきました。

当時、サーバー関連のことに対して全くの無知だった私はサーバー移転のに1週間かかった上に無駄なお金がかかってしまいました。

また、最近では格安SIMの普及により通信速度の遅い端末からサイトにアクセスする人の割合が急増しています。参考:おすすめの格安SIMを比較

以上の点を考慮して少しだけ余裕を持ったレンタルサーバーを選ぶと後で苦労することがなくなります。

「余裕を持ったサーバー選び」と言っても「高いサーバーを契約しろ」と言っているわけではなく、エックスサーバーの一番安いプランかwordpressならwpxあたりを契約しておいたほうがいいという意味です。